TOPICS お知らせ

Theatre E9 Kyotoオープンリサーチプロジェクト「民間劇場にとっての公共性」


Theatre E9 Kyotoオープンリサーチプロジェクト
「民間劇場にとっての公共性」開催

「広場」「ゆるやかなコミュニティの形成」「社会の鏡」「地域活性」「人材育成」「創造発信」「社会包摂」「防災」など、様々なキーワードで公の場としての役割が問われる劇場。
とりわけ日本では、全国各地にある民間小劇場がそれら課題の底辺をささえる役割を果たしてきました。
東九条に「Theatre E9 Kyoto」の誕生に向けて、今、どのような劇場が求められるのか。

各界に知見を求め、新しい民間劇場にとっての公共性とは何かを考え、実行に着手したいと思います。
少なくとも劇場とは、「考える時間」を共有する場であることは間違いないと思います。

また、この課題は、わずか1年足らずの議論で解答がでるものでもありません。
リサーチ期間を終えた後は、ここで得た人的知的資源を元に、持続可能な、研究・教育の場に発展することを望んでいます。

 

第1回 「表現者と劇場」 6月22日(金)19時~21時
-終了しました

第2回 「京阪神と劇場」 7月4日(水)19時~21時
-終了しました

第3回 「政治・哲学・経済と劇場」 9月22日(土)
-終了しました

第4回 「デザインと劇場」  10月25日(木)19時~21時
会場:ロームシアター京都 3階 第2会議室

主催:一般社団法人アーツシード京都
企画制作:Theatre E9 Kyotoオープンリサーチプロジェクトメンバー

 

第5回 レクチャー「劇場の現在・過去・未来」 12月予定
会場:studio seedbox

主催:一般社団法人アーツシード京都
企画制作:Theatre E9 Kyotoオープンリサーチプロジェクトメンバー

 

第6回 「創造・発信と劇場」 2019年1月頃予定

 

第7回 「学校と劇場」 2019年2月頃予定

 

第8回 「地域共生と劇場」 2019年3月頃予定

 

第9回 「Theatre E9 Kyotoにとっての公共性とは何か」 2019年春予定

およそ1年にわたるオープンリサーチの振り返りと今後を語ります。

 

以降、決まり次第情報を公開します。
※テーマ、開催予定時期については変更する場合がございます。

主催:一般社団法人アーツシード京都
助成: 公益財団法人セゾン文化財団 (プロジェクト「Theatre E9 Kyoto」への助成)

企画制作:Theatre E9 Kyotoオープンリサーチプロジェクトメンバー
あごうさとし 蔭山陽太 芥川実穂子 福森美紗子 (一般社団法人アーツシード京都)
久保田テツ(大阪音楽大学准教授/NPO remo [記録と表現とメディアのための組織])
松岡咲子(大阪音楽大学助手/ドキドキぼーいず副代表・俳優)