笑の内閣
“ただしヤクザを除く”

※情報公開されておりました『東京ご臨終~インパール2020~』は、脚本家の高間響の体調不良により、2016年上演作品『ただしヤクザを除く』へ演目を変更することとなりました。

 

【髭だるマン挨拶】

笑の内閣の新代表、髭だるマンです。

今年は「東京ご臨終~インパール2020~」という新作を上演する予定でした。高間響が書き下ろす事になっておりましたが、高間の心身的な疲労もあり、 協議の結果脚本を執筆するのは不可能という結論に至り、既存の脚本である「ただしヤクザをのぞく」の再演をする運びとなりました。

「東京ご臨終~インパール2020~」を楽しみにしていた皆様、誠に申し訳ありません。一時期、公演そのものを中止にするという案も出ておりましたが、一度やると決めた以上、再演であっても公演を行うべきという判断を下しました。

こうなったからにはしっかりと運営で話し合い、それにあった企画を作りつつ、皆様の期待に答えられるような公演にしたいと思っております。

改めまして第27次笑の内閣「ただしヤクザを除く」をよろしくお願いします。

 

 

【高間響挨拶】

高間響です。

私は現在、2型双極性障害という病気です。躁鬱病です。どれくらい酷いかというと、この文章で面白いことを書くことすらできないくらいです。残念ながら医者からも、新作を書くのはしばらく無理だと言われ、体調を優先し断念しました。楽しみにされていた皆さんには本当に申し訳ない限りです。

とはいえ、公演をやると言っていながら中止をするというのは、プライドにかけて絶対に許したがいので、再演を任せることになりました。

劇団も私も史上最大のピンチです。たくさんの方に見に来ていただいて、救って欲しいです。よろしくお願いします。

 

【THEATRE E9 KYOTO芸術監督 あごうさとし挨拶】
笑の内閣 上演演目の変更について
シアターE9オープニングプログラムとして、上演を予定されていました、笑の内閣「東京ご臨終~インパール2020~」は、作家の体調不良により、演目の変更となりました。ご期待を頂いておりました皆様には申し訳ございません。
新たに取り組む作品は、「ただしヤクザを除く」の再演です。
この作品は、2016年に京都アトリエ劇研、東京こまばアゴラ劇場で上演された社会派のコメディで、私も、拝見しています。人権、とりわけ「ヤクザの人権」という、普段私たちが見過ごしがちな視点を通じて、たくさんの笑いの中で、私たちの在り方を改めて問い直す作品でした。
笑の内閣は、前代表の高間響さんが、座付きの作家となり、髭だるマンさんが新代表に就任して、新体制で望む最初の取り組みとなります。新作の公演は、お預けとなりましたが、この秋に予定される「ただしヤクザをのぞく」をぜひ、ご期待ください。また、笑の内閣の今後の活動にもご愛顧の程、なにとぞよろしくお願いいたします。

 


 

第27次笑の内閣『ただしヤクザを除く』

 

日本国憲法第14条

すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。

―ただしヤクザを除く

 

大手宅配ピザチェーン、ピザマッチョ広島地区エリアマネージャーの住吉は、組織犯罪対策課刑事の稲川に呼び出され、常連客である工務店への配達を断るように要請される。その工務店は表向きはカタギの建設会社であるが、ヤクザのフロント企業。ヤクザであると知りながらピザを配達をすると、暴力団排除条例違反になる恐れがあったのだ。

そもそもヤクザだと知らなかったし、商売としてピザを届けているだけなのに、釈然としないながらも警察には逆らえず署を後に店に向かった住吉。しかし、そこで彼が見たものはその工務店からの注文。しかも、今日はテイクアウト。今から断ろうにも10分後には、ヤクザが直接取りに来る。目の前で断るのは怖過ぎるけど、注文受ければ条例違反。

売っても地獄、断っても地獄。

果たしてピザ屋の運命は…?

 


 

作:高間響

演出:髭だるマン

 

出演者:

髭だるマン

和泉聡一郎(劇団道草)

熊谷みずほ

近藤珠理

杉田一起

田宮ヨシノリ(stereotype)

ファック ジャパン(劇団衛星)

 

日時

※2019年9月29日公演時間を更新しました

11月27日(水)19:00

11月28日(木)19:00

11月29日(金)14:00/19:00

11月30日(土) 13:00/17:30

12月1日(日)11:00/15:30

受付開始は各回開演の45分前、会場は開演の30分前

 

 

チケット

【税込/全席自由席】

一般: 前売3,300円 当日3,500円

25歳以下: 前売2,800円 当日3,000円

高校生以下: 一律500円

先得決済14:一般2,500円/25歳以下2,000円

笑の内閣応援チケット(パンフレット付き)5,000円(笑の内閣取り扱い)

チケット購入はこちら

※未就学児同伴をご希望の方や、入場時に特別な配慮が必要な方は、予め笑の内閣までご相談ください。
※「25歳以下・高校生以下」のチケットをご購入いただいた場合は、当日受付にて身分証のご提示をお願いいたします。
※ご予約に関するご注意
・開演5分前までに受付をお済ませください。それ以降はキャンセル扱いになる場合がございます。お早めにご来場ください。
・公演中止などの不測の場合をのぞき、チケット購入後の返金、日時の変更はできません。

 

◆先得決済14について◆

公演初日の14日前の23:59まで販売いたします。
【販売締切】京都公演:11月13日(水)

※THEATRE E9 KYOTOお取り扱いはクレジットをお選び下さい。笑の内閣での取り扱いは「銀行振込(三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行)」「クレジット決済」「コンビニ決済」がお選びいただけます。
※チケットは、お申し込みの際にご入力いただいたご住所へ笑の内閣よりお送りいたします。【チケット発送予定日】京都公演:11月20日(水)

 

◆笑の内閣応援チケットについて

※笑の内閣応援チケットはCoRichチケット!、ライブポケットでの取り扱いとなります。THEATRE E9 KYOTOでの取り扱いはございません。

今回の演目変更に伴い、当初内定いただいておりました助成金を取り下げることとなりました。現在、笑の内閣は非常に資金源に困窮しております。そこで、少しでも笑の内閣を応援してやろうというお気持ちをいただける方にむけて、開設したカンパ制チケットになります。チケットご購入の方にはもれなく今公演のパンフレットをプレゼント致します!

何卒、ご支援のほどよろしくお願い致します。

 

チケット取り扱い

▽THEATRE E9 KYOTO
▽笑の内閣京都公演【CoRichチケット!】
https://ticket.corich.jp/apply/102741/
笑の内閣京都公演【ライブポケット
http://t.livepocket.jp/t/27yakuza_kyoto

 

問い合わせ

笑の内閣
WEB   https://warainonaikaku.wixsite.com/index
メール waraino.naikaku.ticket@gmail.com
電話番号 050-6876-3174

 

脚本:高間響
演出:髭だるマン
舞台監督:玉井秀和(劇団FAX)
照明:河口琢磨
照明操作(京都公演):御手洗幸助
音響:島﨑健史(ドキドキぼーいず)
舞台美術:岩崎靖史
フライヤーデザイン・写真:脇田友(スピカ)
制作:田中直樹(劇団ひととせ)
制作協力:吉岡ちひろ(劇団なかゆび) 齋藤秀雄(ISSO inc.)
広報協力(東京公演):月館森(露と枕/劇団ひととせ)
運営:葛川友理(劇団トム論/気持ちのいいチョップ)

協力:劇団衛星 株式会社リコモーション
共催:THEATER E9 KYOTO(京都公演)
提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場(東京公演)
京都芸術センター制作支援事業
企画・製作・主催:笑の内閣

 

《笑の内閣とは》

2005年旗揚げ。しばらくは実際にプロレスをする『プロレス芝居』をしていたが、体力の限界を感じて、時事ネタ・風刺ネタコメディに路線転換。「福島に修学旅行に行こう」「女性差別する女性」「芸能と契約」などといった際どいテーマで芝居を作っている。政治・言論方面には特に強さを見せ、「風営法のダンス規制」を扱った時は永田町に呼ばれたり、東浩紀氏の言論カフェで上演したり、内容が反社会的だと劇場から上演拒否にあったり、森友学園の入学説明会にいったら追い出されたりと騒ぎも多い。2019年2月、前代表が京都市議会議員選挙に挑戦し、髭だるマンに代表を交代することとなった。

 

※ご予約に関するご注意
・開演5分前までに受付をお済ませください。それ以降はキャンセル扱いになる場合がございます。お早めにご来場ください。
・公演中止などの不測の場合をのぞき、チケット購入後の返金、日時の変更はできません。
・E9には駐車場はございません、公共交通機関でご来場ください。周辺道路への駐車は、ご近所のご迷惑となりますので硬くお断りします。

解除
  • 購入枚数

  • 〒601-8013
    京都市南区東九条南河原町9-1
    電話:075-661-2515   Email:info@askyoto.or.jp
    Copyright © 2018 一般社団法人 アーツシード京都. All Rights Reserved.