Theatre E9 シアターE9京都

THEATRE E9 Theatre E9 Kyoto

Theatre E9 Kyoto

東九条に100年続く小劇場を。

作品をつくる・地域をつくる劇場に

現在は倉庫として使用されている2階建ての元倉庫を、人々が集い交流する劇場につくりかえます!
100席サイズの劇場、10mの高さのあるホワイエ、アーティストがゆっくりとくつろげるスペース、さまざまなスペースの特性を活用して、これまで京都には無かった、そこで滞在しながら作品をじっくりと作り込める創造性あふれる施設にしていきます。作品以外にも、レクチャーやワークショップを通じて、人々が集い交流する広場にみなさまと共につくってまいります!

施設概要

WHAT

自由にレイアウトができる 100席の小劇場

客席数は100席。縦使い、横使いなど用途に合わせてレイアウトが可能。演劇・ダンス作品の上演はもちろん、映像や美術作品の上映・展示もできる自由な空間です。広い楽屋スペースでは、カーテンで仕切ることで、大部屋にも個室にも対応できます。

劇場内の詳細

舞台

客席数は100席。縦使い、横使いなど用途に合わせてレイアウトが可能。演劇・ ダンス作品の上演はもちろん、映像や美術作品の上映・展示もできる自由な空間です。広い楽屋スペースでは、カーテンで仕切ることで、大部屋にも個室にも対応できます。

控室

2階には、打ち合わせやアーティストがゆっくりとくつろげる場所として72㎡のスペースを確保。ゆとりのある広い空間です。

木津潤平 - 建築家 Theatre E9 リノベーション設計担当

木津潤平

建築家 Theatre E9 リノベーション設計担当

「ひとりの人間がこのなにもない空間を歩いて横切る、もうひとりの人間がそれを見つめる― 演劇行為が成り立つためには、これだけで足りるはずだ」 ピーター・ブルックの有名な書き出しで始まる”The Empty Space”は、私には、逆説的に劇場に必要な空間の在り方を示唆しているように思えてなりません。50年という歳月を重ねた鉄骨造の作業場兼倉庫。アングル材を組上げたトラス のフレームが力強く輪郭を描き、積み上げられたコンクリートブロック空間を包み込んでいます。この場に息づいている、強さ、熱さ、豊かさに満ちた一見「なにもない空間」は、まさに創造の場となる小劇場にふさわしいと確信しています。

京都駅直近に新たなアートゾーンが誕生

京都駅東部では、2023年度に京都市立芸術大学の移転が予定されています。これを受けて京都市は南側に隣接する東九条地域を主な対象とした「京都駅東南部エリア活性化方針」を発表しました。今後、このエリアで「芸術」と「若者」をキーワードに様々な活性化事業が行われていくでしょう。「Theatre E9 Kyoto」は、東九条南河原町に位置します。

川沿いの桜並木

劇場予定スペース

ホワイエ予定スペース

プロジェクト達成に向けて

HOW

市民の力を結集して。

この度のプロジェクトの実現のため、京都駅東南部エリアにふさわしいプロジェクトとしての特例制度を活用していくことを想定しています。その為には、建物の安全性の確保や、周辺環境への配慮した建物とするためのリノベーション工事が必要となります。劇場 建設の実現にむけたステップを、3段階に分け、必要な資金を募集いたします。

Step1(2017年7〜9月期)では、クラウドファンディングサイト「Readyfor」にて、日本の国内及び国外、10代〜70代までの616人の方から、目標額14,000,000円に対して19,282,000円のご支援を頂ました。クラウドファンディング会社への手数料等をひかれた15,668,605円を資金に、建築許可申請に必要な、調査・書類及び設計図面作成費11,642,400円を捻出させて頂きました。 ご支援を頂きました皆様に、改めまして深く御礼を申し上げます。 クラウドファンディングと、直接いただきました寄付で当初の目標額3,400万円は達成いたしました。

Step2(2017年10月〜2018年5月期)
Step1のクラウドファンディングのほか、直接のご支援及び、お約束をいただいています総額は約7,000万円です。2018年3月末日時点で、当初の目標額であるStep1の3,400万円、Step2の2,000万円は達成いたしました。 しかしながら、昨今のオリンピック・ホテル建設などの建築費の高騰と、当該建築物の詳細な調査による補修工事の必要が明確になりましたため、工事費が当初予定よりも高くなる見込みです。当初8550万円の予定をしておりましたが、現時点では、工事費、設備費、調査費、運営費などを含めた総事業費を約1億円と見直して、設計及びスケジュールを組み直しております。

 Step3(2018年6〜12月期)
目標達成までおよそ30%! 2018年4月現在において、ご支援を頂いた、または、お約束を頂いている総額はおよそ7,000万円です。総事業費1億円の見込みに対して、およそ3,000万円ほどが不足しています。現在、アーツシード京都のホームページにて、1口5000円からの寄付をお願いしております。また、2018年9月—12月の期間で、第2回目のクラウドファンディングも予定しております。劇場建設にむけて、さらなる、ご支援とご協力をお願いいたします。

寄付のお願い

工事費、設備費、調査費、運営費などを含めた総事業費1億円のプロジェクトです。
プロジェクトを遂行するには、運営費が必要です。運営費には、人件費・委託費・広報費・交通費・イベント経費などにあてさせて頂きます。寄付状況やこのプロジェクト自体の進捗は随時webで配信させていただきます。
ご支援とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

※  一般社団法人アーツシード京都が、当該土地建物の所有者である株式会社八清と賃貸 借契約を結び、複合文化施設「Theatre E9 Kyoto」を運営します。
※  頂いたお金は、いかなる場合(例えば当該複合文化施設の全部または、ギャラリーなど 付属する一部施設が建築できなかった場合など)においても、ご返金はできません。 予めご了承ください。

 

 

寄付方法

このプロジェクトは現在「寄付(DONATION)」ページより皆様からの寄付を募っております。寄付ページはこちら
Step1で行いましたReadyforからの寄付の受付は終了しました。
クラウドファンディングの様子は以下の「Readyforでプロジェクトを支援する」のボタンからReadyforサイトでご覧いただくことができます。
2回目のクラウドファンディングは2018年秋に予定しています。


 

プロジェクトチーム

あごうさとし(劇作家・演出家・元アトリエ劇研ディレクター)
茂山あきら(狂言師)
關 秀哉(株式会社リュウ代表取締役社長)
やなぎみわ(現代美術作家・演出家・京都造形芸術大学教授)
蔭山陽太(元ロームシアター京都 支配人 エグゼクティブ・ディレクター)
浜村修司(舞台監督・元アトリエ劇研技術監督)
木津潤平(建築家 株式会社木津潤平建築設計事務所 代表取締役)
吉本有輝子(舞台照明家)
木村三晴(デザイナー アートディレクター)
三谷正(CGデザイナー)
五十嵐諒 (WEBデザイン)
芥川実穂子
宮田充規(音響家)
吉津果美(照明家)
岸本 康(Ufer! Art Documentary ディレクター)
エグリントンみか(演劇研究家・批評家・翻訳家・神戸市外国語大学教授)
塩見結莉耶(照明家)
北方こだち(舞台監督)
森永キョロ(音響家)
久保田テツ(大阪音楽大学准教授・NPO remo [記録と表現とメディアのための組織])
松岡咲子(大阪音楽大学助手・ドキドキぼーいず副代表・俳優)
福森美紗子

 

 

後援:京都商工会議所
助成:公益財団法人セゾン文化財団