共通舞台
“ロミオへの手紙”

往復書簡×朗読劇 WS企画
参加者の直筆テキストから朗読劇を起ち上げるという試みを行い、【ロミオへの手紙】は我々に何をもたらすのかという問いについて考える往復書簡×朗読劇WS企画。

 

このワークショップは参加者とパフォーマーとの往復書簡によって成り立ちます。
戯曲『ロミオとジュリエット』の第五幕二場のテキストを、お好きなようにご自身の手で書き写してください。
パフォーマーはその直筆のテキストから参加者を想像したり、感じられる様々な質を反映しながら朗読し、その声は参加者のもとに届けられます。
この「往復書簡」は会話になり、演劇を生起させるかもしれません。

 

【ロミオへの手紙】
ロミオとジュリエットの仲を取り持ったロレンス神父の計画では、ジュリエットの仮死状態を知らせる手紙がロミオに渡るはずでした。しかし、その手紙はロレンスの手元に戻ってきてしまうのです。このどこにも行けなかった手紙は、救いになり得たのか。
送る、受け取る、返すという単純な関係が崩壊しつつある状況下で、我々は届け合うことができるでしょうか。「ロミオとジュリエット」を繰り返すことなく。

 

【ワークショップの流れ】
・まずはじめに企画ガイドとテキスト、返送するための封筒が送付されます。
・送られたテキストをお好きなように書き写し、それをE9へ返送してください。
・送られてきた直筆のテキストをもとにパフォーマが朗読し、それを録音します。
・朗読は一人あたり二種類聴くことができます。ひとつは、個人の直筆テキストから参加者を想像したり、感じられる様々な質を反映しながら朗読したもの。もうひとつは、ワークショップ参加者全員の直筆テキストからパフォーマーが読み取ったものを反映した朗読です。
・録音された朗読は郵送されるQRコードを読み込むことで音声が聴けるWEB サイトにアクセスすることができます。QRコードとともに送られるご自身で書き写したテキストを見ながら聴いてください。

 

日時

・一通目郵送期間 7月1日(水)~7月19日(日)
・E9へ返送期間 7月26日(日) まで
・二通目郵送期間 8月9日(日) まで

 

参加費

一般:2000円
学生:1000円
小学生以下:無料
申し込みこちら
※本企画は参加型WSとなるため、E9サポーターズクラブ会員/支援会員としてはご予約いただいけません。どなた様も参加費が必要となります。

 

お申し込み

受付期間 6月24日(水)〜7月18日(土)
定員 先着20名

お支払い方法はなるべく「クレジット精算」をお選びください。
「振込」「現金書留」を希望される場合は、”当日精算”をお選びのうえ、希望する支払い方法を備考欄にご記載ください。

<振込先> ★振込人名の前に受注番号をご入力ください。
銀行名(銀行番号): 京都信用金庫(1610)
支店名(店番)  : 本店(001)
口座番号     : 普通口座 3043621
口座名義     : 一般社団法人アーツシード京都 代表理事 吾郷賢
口座名義カナ   : シャ)アーツシードキョウト

 

<現金書留送付先>
〒601-8013京都市南区東九条南河原町9-1
THEATRE E9 KYOTO

 

 

出演|鈴木嵩久
演出|村上太基
主催・企画製作| 共通舞台
協力|THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)

 

【共通舞台】
2017 年に結成された京都を拠点とする劇団。現在は、既存のテキストから引用した言葉と、俳優の関係性を丁寧に観察することでドラマを見出し、現実と対峙するイメージの創造を試みている。

 

お問い合わせ

メール:kyotsu.butai@gmail.com
電話:08022664181

 

※ご予約に関するご注意
・WS中止などの不測の場合をのぞき、参加費お支払い後の返金、日時の変更はできません。
・チケットのご購入はなるべく「クレジット精算」をお選びください。「振込」「現金書留」を希望される場合は、”当日精算”をお選びのうえ、希望する支払い方法を備考欄にご記載ください。
・テキスト送付のため、ご入力いただいた連絡先は主催者と共有させていただきます。予めご了承ください。

解除
  • 購入枚数

  • 〒601-8013
    京都市南区東九条南河原町9-1
    電話:075-661-2515(10:00〜18:00)   Email:info@askyoto.or.jp
    Copyright © 2018 一般社団法人 アーツシード京都. All Rights Reserved.