あごうさとし
-音楽舞台劇-“触覚の宮殿”

今から 800年ほど前に、後に鎌倉幕府の初代問注所執事(裁判所長官)となる三善康信という下級の公家がいました。吾郷(あごう)の先祖に当たる人です。

康信の伯母は、源頼朝の抱乳母(だきめのと)と呼ばれる乳母であったため、康信は頼朝の幼少期より世を去るまで深い交流がありました。 頼朝とマッチポンプで世の荒波を超えて関白に至った人に、九条兼実がいます。

その九条家の屋敷は、今の京都市南区東九条南山王町にあったようで、昨年、偶然にも同じ町にあるstudio seedboxで「触覚の宮殿」の初演をいたしました。 このスタジオは、わたしたちが東九条地域につくった「THEATRE E9 KYOTO」の最初の拠点として、劇場に先立って開設したものです。 

私自身、この 年ほど、幾度となく東九条に足を運び、「劇場」という霊性をこの地に「呼び寄せる」秘儀を施したことに、康信の姿を重ね合わせて描いた物です。 

その平安時代の終わりの物語と併走するように、わたし個人の幼少期から、香港で過ごしたバブル時代そして、昭和天皇崩御までの物語も描いています。2019 年にこの作品は改めて再演されますが、いずれも改元された時代の物語として共通しています。 これらの、大きな物語を背景に、身体にまつわる小さな表現を重ねた作品です。

あごうさとし 


観客の意識が皮膚感覚に集中する。触覚で自己認識し、罪を償い、生を確かめる。 この過程は、俳優という仕事を象徴するのかもしれない。異なる身体・時間・世界に通じる、俳優という職業。 もう一人の自分と闘い、語らい、融和する。先鋭的であり、同時に原初的な、身体の記憶と対話する舞台。 

『テアトロ』 2018年10 月号「 8月の関西」九鬼葉子 劇評「触覚で自己認識する」より抜粋


日時

◆京都公演 THEATRE E9KYOTO

7月25日(木)19:30※
7月26日(金)19:30※
7月27日(土)15:00※
7月28日(日)15:00※
7月29日(月)15:00※

※ポストパフォーマンストークゲスト
7/25 茂山千之丞氏(狂言師)
7/26 高坂尚平氏 (株)La Himawari代表取締役社長)
7/27 手塚敦史氏(詩人)
7/28 仲正昌樹氏(ドラマトゥルク)
7/29 梁説ヤンソル氏(東九条マダン実行委員長)

 

※受付・開場は開演の 30 分前です。
※未就学児童の入場はご遠慮いただいております。
※作品には、一部、裸体表現が含まれます。予めご了承ください。

 

チケット

[自由席/日時指定/税込]

前売 一般 3,000 円  学生 2,500 円

当日 一般 3,500 円 学生 3,000 円
チケット購入はこちら

 

Theatre E9 Kyotoオープニングプログラム

主催|一般社団法人アーツシード京都
助成|公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
芸術文化振興基金助成事業
京都府文化力チャレンジ補助事業(申請中)
第 11 回むりやり堺筋線演劇祭参加作品


◆金沢公演 金沢市民芸術村 コラボレーション・シリーズ vol.6

8月3日(土) 15:00 ※ポストパフォーマンストーク
8月4日(日) 15:00 ※ポストパフォーマンストーク

チケット

[自由席/日時指定/税込]

一般 2,800 円  学生 2,300 円

一般 3,300 円 学生 2,800 円

※受付・開場は開演の 30 分前です。
※未就学児童の入場はご遠慮いただいております。
※作品には、一部、裸体表現が含まれます。予めご了承ください。

チケット購入はこちら

金沢公演会場

金沢市民芸術村パフォーミングスクエア
〒920-0046 金沢市大和町1-1 

主催|金沢市民芸術村 アクションプラン実行委員会
共催|(公財)金沢芸術創造財団、金沢市


-音楽舞台劇-“触覚の宮殿”

作・演出‖あごうさとし

出演|太田宏(青年団)   辻本佳  松本杏菜

ソプラノ 太田真紀
ヴァイオリン 池田恵美 入江真歩(以上、金沢市民芸術村 ミュージック工房 2019年度レジデントアーティスト)

ドラマトゥルク|仲正昌樹(金沢大学教授)
音楽監督|木下伸司
照明デザイン|吉本有輝子(真昼)
衣装ディレクター|川口知美
衣装制作|野村 宗佑 加納 歩未 北 遙香 熊川 亜美 山元 日菜(以上、専門学校金沢文化服装学院)
美術制作|吾郷泰英 ほか
舞台監督|浜村修司 上野賢治(金沢公演)
音響|林実菜
演出助手|御厨亮
制作|芥川実穂子 福森美紗子(以上、アーツシード京都)
はがみちこ 岡永遠
金沢市民芸芸術村ミュージック工房ディレクター|太田浩一
協力|K-CUBIC    ぱふぉくる
宣伝美術|永戸栄大


関連企画

仲正昌樹と現代を考える「哲学ジャム」session6
「哲学と演劇~哲学と演劇は古代ギリシア以来どのように関わって来たか」
会場|石引パブリック
〒920-0935石川県金沢市石引2丁目8-2 山下ビル1F6月15日(土)17:00–
ゲスト|あごうさとし
1,000 円(1ドリンク付) 定員 25 人(要予約)
ご予約・お問合せ|石引パブリック 076-256-5692
あごうさとし演劇ワークショップ「身体と声」
身体と声という演劇の基本要素を見つめなおし、演技に取り組みます。会場|金沢市民芸術村 PIT2 ドラマ工房
〒920-0046 石川県金沢市大和町1-1
6 月16日(日)13:30–17:30(予定)
一般 1,000 円 高校生以下 500 円
高校生以上対象 定員 20 名程度(要申込み)
ご予約・お問合せ|金沢市民芸術村アクションプラン HP のお申込みフォームからご予約ください。
https://www.geimura.com/music/ws_ago0616/
または、芸術村受付にてご予約ください。
映像「触覚の宮殿」 映像上映 &トークイベント
舞台作品としての初演後、映像作品として再制作した「触覚の宮殿」を上映し、 演出家によるトークをおこないます。
会場|金沢市民芸術村 PIT2 ドラマ工房
8月下旬実施予定
トーク登壇者‖あごうさとし ほか
詳細は金沢市民芸術村 HPをご確認ください。

 

お問い合わせ
一般社団法人アーツシード京都
TEL:075-661-2515(平日10時〜18時)
FAX:075-661-2515
MAIL:info@askyoto.or.jp

 

チケット購入
チケットフォームもしくは以下窓口にて受付おります。
◆京都公演 電話受付|一般社団法人アーツシード京都 075-661-2515(平日10時〜18時)
◆金沢公演 窓口販売|金沢市民藝術村 事務局受付

※ご予約に関するご注意
・開演5分前までに受付をお済ませください。それ以降はキャンセル扱いになる場合がございます。お早めにご来場ください。
・公演中止などの不測の場合をのぞき、チケット購入後の返金、日時の変更はできません。

解除
  • 購入枚数

  • 〒606-0862
    京都市左京区下鴨本町12番地カワミビル302
    電話:075-744-6127 (平日10:00〜18:00)   Email:info@askyoto.or.jp
    Copyright © 2018 一般社団法人 アーツシード京都. All Rights Reserved.