寄付のお願い 寄付のお願い
E9サポーターズクラブ募集 E9サポーターズクラブ募集

NEWS

【”触覚の宮殿”関連企画】太田宏ワーク 「セリフをしゃべる」 受講生募集!

2019.07.04

THEATRE E9 KYOTOオープニングプログラム あごうさとし -音楽舞台劇-「触覚の宮殿」関連企画

あごうさとし「触覚の宮殿」に出演する、俳優の太田宏による俳優向けワークショップを開催します。

概要

ダイアローグ(会話)のテキスト2本(1本は抜粋)をお渡します。
俳優になるべく自由になってもらえるよう、1本は抜粋箇所を覚えてきてもらいます。残り一本(会話)は読むだけですので、目を通してくるだけで大丈夫です。
それぞれの戯曲の短いシーンを、アドバイスも交えながら、参加者で組み合わせを変えて繰り返しやります。

コーディネートとアドバイス:太田宏(俳優/青年団所属)

日時
参加対象
参加人数
参加費
申し込み方法

申込締切

7月14日(日) 13:00〜18:00
役者/俳優
12名程度  *見学歓迎
2000円(見学 1000円)
申し込みフォームもしくはお電話にてお申し込みください。
申込フォーム:https://forms.gle/LfRZgzdkkhyJBo5G6
TEL:075-661-2515
7月12日(金)15時まで

 

題材

口語演劇的なものと翻訳劇的なものをテキストとして用います。
使用テキストは申込後にお渡しいたします。

 

タイムテーブル

・13:00〜 [現代口語戯曲]前もって渡したテキストのワンシーンを抜粋してやってみます。

★重要★
台本から目を離してやり取りするためにセリフを覚えてきてもらいます。
できるだけでもかまいませんが、憶えて来た方が楽しく、発見できることも多いと思いますのでがんばって憶えてきてください。
演技の後に、相手役に対して気づいたこと、感じたこと、聞いてみたくなったことを、実演者同士で振り返ります。見ている側の人から聴きたくなったことがあれば、聞く場合があるかもしれません。
以上のことを、アドバイスを入れながら組み合わせを変えて、繰り返しやっていきます。

 

・14:30〜 [翻訳戯曲]
口語で書かれ覚えていたセリフで考察できたことを踏まえて、翻訳的に書かれているセリフを読むということでどうなるのかを試してみます。
事前に戯曲を読んできてもらい、参加者の希望の場(1場~9場)をテキストを持ってやってみます。
やった後で相手役に対して気づいたこと、感じたこと、聞いてみたくなったことを、実演者同士で振り返ります。見ている側の人から聴きたくなったことがあれば、聞く場合があるかもしれません。

 

・17:30〜 全体の振り返り

以上 約5時間半ほど

  • 〒606-0862
    京都市南区東九条南河原町9-1
    電話:075-661-2515   Email:info@askyoto.or.jp
    Copyright © 2018 一般社団法人 アーツシード京都. All Rights Reserved.